Sado city  Gyouya elementary school
佐渡市立行谷小学校

トキ学習

日本一のトキの学校

   子どもたちが「トキ解説員」として トキのガイドを行っています。








   
    修学旅行等で 交流を希望する学校は お気軽にご連絡ください。

〒952−0105 新潟県佐渡市新穂正明寺99番地
TEL 0259‐22‐2022
E-mail gyouya-es@sado.ed.jp

インフルエンザ
    診断報告書


いじめ防止基本方針
                       
<<前のページ | 次のページ>>
2019年9月13日(金)
毎週金曜日朝のお楽しみタイム

 毎週金曜日の朝活動で、1・2年生は「読み聞かせ」を行っています。
 高野さんの読み聞かせを、子どもたちはいつも楽しみにしています。

 3〜6年生は「トークタイム」です。
 今日のテーマは、「長距離走で最初にスピードを出すか?最後のために体力をとっておくか?」です。
 共通のテーマで話し合うことで、互いの思いや願いを共有することを大切にしています。

 



 

2019年9月12日(木)
絵画指導「臼杵先生ありがとうございます」

 今週二日間、外部講師の臼杵先生から、子どもたちに絵画の指導をしていただきました。
 9月9日(月)は1・2・4年生、12日(木)は3・5・6年生の授業に入っていただきました。

 子どもたちの思いや願いをいかにして表現させるかという基本的な指導の在り方について、学級担任が学ぶ機会でもあります。
 臼杵先生から伝授していただいたことを、今後の指導に生かしていきたいと思います。

 来月も臼杵先生からご指導していただく予定です。


 

2019年9月11日(水)
薬物乱用防止教室(5・6年)

 5・6年生を対象に「薬物乱用防止教室」を実施しました。
 講師は新潟税関(佐渡監視署)の職員の方です。
 映像資料や薬物の標本も見せていただき、具体的にご指導いただきました。

 現在、危険ドラッグ使用等の犯罪が後を絶ちません。
 子どもたちの身の回りにも危険が迫っています。
 「薬物をなくすためには、どうしたらいいのか?」
 講師の方が次のようにまとめられました。
  @薬物は絶対使わない!
  A「やらないよ。」と断る勇気を持て!
  B危険は身近にあることを知って!

2019年9月10日(火)
全校で「金北山」に登りました

 全校「秋遠足」を実施しました。 
 金北山に縦割り班で登りました。

 学校を出発してからバスの移動中は、どしゃぶりの雨と強い風、そして濃霧で心配しましたが、白雲台に到着後30分程度天気の様子を見て、関係者とも相談の上、決行いたしました。
 道中は降雨もなく、霧で肌寒いくらいでしたが、全員無事に山頂に到着しました。
 
 子どもたちは、声を掛け合い手をつないで歩いたり、仲良くお弁当やおやつを食べたりして互いの絆を深めました。
 思い出に残る1日になりました。

2019年9月9日(月)
教育委員会「学校訪問」

 今日は、教育委員会の学校訪問がありました。
 担当教育指導主事から全学級の算数の授業の様子を参観していただき、ご指導をいただきました。

 授業の課題が明確で、子どもたちが学習に集中している様子やICT(デジタル教材等)を活用した取組について評価をいただきました。
 今回ご指導していただいたことを学校運営に生かし、引き続き「学ぶ楽しさや分かる喜びが実感できる授業づくり」に全校体制で取り組んでいきたいと思います。

2019年9月4日(水)
2学期最初の「学習参観日」

 今日は2学期最初の学習参観日でした。
 夏休み作品展も開催しました。
 写真は、1年国語「音読劇」と3・4年体育「幅跳び」の授業の様子です。

 学習参観の後は、PTA役員・合同会議を行いました。
 文化祭のバザーや親子体験教室などについて協議しました。
 
 2学期は大きな行事がたくさんありますが、
 地域・保護者の皆様からご支援をいただきながら
 子どもたちの健全育成はもとより、
 行谷地区全体がより一層元気になることを願っております。
 

2019年8月30日(金)
体験的に学ぶ算数学習(2年「水のかさ」)

 2年生が理科室で「水のかさ」の勉強をしていました。
 理科ではなく、算数の学習です。
 L(リットル)とdL(デシリットル)という単位を使って水のかさを測ります。
 実際にやってみる体験的な活動は、実感を伴った理解へつながります。
 
(ところで・・・、)
 dL(デシリットル)は、普段使わない単位ですが、2年生の算数の教科書に出てきます。
 2年生の「水のかさ」の学習は、「普遍単位を用いることの必要性に気付かせ、単位の意味について理解させるとともに、それを用いて正しく測定する」ことが主なねらいです。
 dL(デシリットル)という単位は、子どもたちが実際に測定する際に、量的に扱いやすい単位です。
 つまり、普遍単位の意味や10進数の考え方を体験的に学ぶことができます。
 ここにdL(デシリットル)という単位を算数科で扱う意義があります。
 ちなみに、dL(デシリットル)という単位は、医療分野ではよく使われているようです。

2019年8月29日(木)
「秋遠足」事前学習


 9月3日(火)に実施予定の秋遠足の事前学習を行いました。
 今年の行き先は「金北山」です。
 縦割り班(異学年)で交流を深める活動です。
 危険箇所を全体で確認した後、班に分かれてめあてを決めました。
 当日の天気が心配ですが、互いに声を掛け合い安全に気を付けて歩き、互いの絆を深められることを期待しています。

 
 

2019年8月29日(木)
全校朝会「2学期のめあての発表」

 
 全校朝会で各学年の代表が2学期のめあてを発表しました。
 「算数の勉強をがんばります」「あいさつや返事をがんばります」「マラソン大会で1位を目指します」など、学習面や生活面、学校行事に関する内容のほかに、自分の得意なことに関する発表もありました。
 いろいろなことにチャレンジする2学期にしてほしいと思います。

2019年8月28日(水)
親善音楽会へ向けて

 3学年以上の子どもたちが歌の練習をしていました。
 11月6日(水)の佐渡市小学校「親善音楽会」で歌う曲です。

 “題名を伏せた”歌詞を見ながら歌ったあと、子どもたちが題名を予想しました。
 「夏の銀河」「君は宇宙」「星」「君も星だよ」などという考えが出されましたが、正解はありません。
 正解は、子どもたちが予想した言葉がヒントです。

 正解(題名)は、お子さんに聞いてみてください。

2019年8月26日(月)
2学期始業式「車いすラグビー =橋本勝也選手= 」


 東京2020パラリンピック開幕まで1年となりました。
 2学期の始業式で校長が、パラリンピック「車いすラグビー」の日本代表を目指す、橋本勝也選手を紹介しました。
 
 橋本勝也選手は現在高校生(16)で、昨年の世界選手権の最年少日本代表メンバーです。
 生まれつき手と足に障害があり、ずっと車椅子生活を送っています。
 そのような障害を乗り越え、夢と目標に向かって頑張る橋本選手から、勇気と元気をもらいました。

 東京2020では、オリンピック同様、パラリンピックにも注目していきたいと思います。

2019年8月26日(月)
着任式「ようこそ!川内先生」

 2学期がスタートしました。

 本日から 川内篤子 先生 が着任されます。
 関根先生の後を引き継ぎ、すべての学年の授業に出ていただきます。

 着任式では、「一緒に学校生活を楽しみましょう!」と代表児童が挨拶をしました。