Sado city  Gyouya elementary school
佐渡市立行谷小学校

トキ学習

日本一のトキの学校

   子どもたちが「トキ解説員」として トキのガイドを行っています。








   
    修学旅行等で 交流を希望する学校は お気軽にご連絡ください。

〒952−0105 新潟県佐渡市新穂正明寺99番地
TEL 0259‐22‐2022
E-mail gyouya-es@sado.ed.jp

sinngatakorona.htmlへのリンク

インフルエンザ
    診断報告書


いじめ防止基本方針
     新型コロナウイルス感染症対策【お知らせ】                
<<前のページ | 次のページ>>
2020年6月5日(金)
第2回避難訓練(引き渡し訓練)

  
 第2回避難訓練がありました。
 地震・津波を想定し、保護者への引き渡しを行いました。
  ■写真左:一次避難(グラウンド)
  ■写真中:二次避難(屋上)※津波を想定
  ■写真右:引き渡し訓練
 
 きびきびとした整然とした態度で子どもたちは真剣に訓練に臨みました。
 保護者の皆様の協力で引き渡し訓練も行い、避難誘導方法に関するたくさんの知見を得ることができました。

 体に感じない地震は終日あるようですし、有感地震は年間1,000〜2,000回あります。
 先週から今週にかけて、震度4をこえる地震が全国のあちこちで起きています。
 今週の6月1日(月)と昨日4日(木)の朝には、関東地方で震度4の地震があったばかりです。
 
 日本は地震大国です。日頃の備えが大切です。
 この機会にご家庭でも、地震が起きた時の行動の仕方について話し合いの機会をもっていただきたいと思います。

 

2020年5月29日(金)
まち探検(1・2年生)A

  
 お店を探検した後に、潟上の公園で遊びました。
 アスレチックなどたくさんの遊び道具があり、子どもたちは夢中になって活動していました。
 
 「まち探検」を通して、子どもたちは、地域の場所やそこで生活したり働いていたりしている人たちの存在に気付き、自分たちとの関わりについて考えることができました。
 次回は、長畝方面の探検を予定しています。
 

2020年5月29日(金)
まち探検(1・2年生)@

  
 1・2年生が生活科の学習で、潟上の「まち探検」をしました。
 
 写真は、お店を探検した様子です。
 イシカワ様、伝次郎様、フジサワ様からお世話になりました。
 お店の方からお話を聞いて気付いたことを,積極的にメモをしていました。

 

2020年5月25日(月)
5年生が柿の摘蕾体験をしました

  
 5年生が柿の摘蕾体験をしました。
 須田農園様、JAの皆様からご指導いただきました。
 暑い中でしたが、子どもたちは一生懸命活動に取り組んでいました。
 11月の収穫が楽しみです。

2020年5月22日(金)
新しい学校の生活様式(休み時間)2

   
 【写真】は、昼休みのグラウンドの様子です。
 キャッチボールやシュートゲーム、うんてい、ブランコで遊ぶ姿が見られます。
 木登りや虫さがし、鉄棒をしている子もいます。

 今後、「新しい生活様式」を踏まえたマニュアルが文科省から出される予定です。
 緊急事態宣言が解除され、「第2波」が心配される中ではありますが、気を緩めることなく、保護者の皆様をはじめ、関係機関と連携をとりながら新型コロナウイルスに負けない学校づくりに尽力します。
 
 皆様の変わらぬご支援とご協力をよろしくお願いいたします。


2020年5月22日(金)
新しい学校の生活様式(休み時間)1
学校が再開して2週間がたちました。
 マスクの着用をはじめとした様々な制限がある中ではありますが、子どもたちは元気に学校生活を送っています。
 新型コロナウイルス感染症対策と「学びの保障」との両立を図るため、教職員も子どもたちも一生懸命がんばっています。
 
 【写真】は昼休みの体育館の様子です。
 バドミントン、竹馬、垂直跳びなど、遊びの種類が制限された中ではありますが、子どもたちは遊び方を工夫しています。
 
2020年5月15日(金)
学校田の田植えをしました

  
 5年生が学校田の田植えをしました。
 全員がマスクを着用して行いました。

 ヒルに刺され、どろんこになりがらもみんな楽しそうでした。
 予定していた時間で作業を終了しました。

 トキにやさしい無農薬栽培のお米です。
 秋の収穫が楽しみです。
 

2020年5月12日(火)
118周年 創立記念日


初代校長 川上羊次先生


行谷小で飼っていたトキ
 左上から「かずちゃん」,「ふくちゃん」
 左下から「ひろちゃん」「ふみちゃん」

  
  今日は行谷小学校118回目の創立記念日です。
 全校朝会で、校長が、初代校長と学校で飼っていた4羽のトキの話をしました。

 初代校長は川上羊次先生です。(写真左)
 明治35年5月〜明治38年3月まで在籍されました。
 当時の学校名は新穂第二尋常小学校と言います。
 
 行谷小学校では、1965年(昭和40年)から2年間で、合計4羽のトキを飼育していました。
 4羽のトキの名前は、「かず」「ふく」「ひろ」「ふみ」です。(写真右)
 そのトキを捕獲した人の名前の一部を取って名付けました。
 トキを飼育したことがある学校は、日本で唯一行谷小学校だけです。

 行谷小学校は「日本一のトキの学校」です。
 日本で唯一全校でトキ学習をする学校です。
 118年目の行谷小学校は、日本一の伝統を受け継ぎ、新型コロナウイルスに負けずに全校体制でトキ学習を進めていきます。

2020年5月11日(月)
新型コロナウイルスについて学ぶ

  
 学級担任と養護教諭による新型コロナウイルスについて学ぶ授業を行いました。
 新型コロナウイルスに関する正しい知識を身に付け、感染リスクを自らの判断で避けることができるようになることが授業のねらいです。
 本日は、2・3年生と5年生で行いました。(上写真)
 明日は4年生と6年生、明後日は1年生で授業を行います。

2020年5月11日(月)
学校が再開しました

  
   2週間ぶりに学校が再開しました。
 臨時全校朝会を行いました。

 授業中や休み時間における新型コロナウイルスへの対応について、全体で確認しました。
 友達と密接して並ぶことを避け、グラウンド以外はマスクを着用することなど、感染を防ぐための新しい取組が付け加わりました。
 また、いわゆる政府発表の「新しい生活様式」を踏まえ、「屋外遊び」を奨励していきます。

 学校では、感染防止策はもとより、臨時休業に伴う学習の遅れを取り戻すための取組にも力を入れていきます。
 

2020年4月24日(金)
避難訓練を実施しました

  
   避難訓練を実施しました。
 授業中にランチルーム機械室から出火したことを想定した訓練でした。

 昨年、2019年の火災件数は全国で37,538件でした。
 1日およそ100件の割合で火災が起きていることになります。
 死者数は1,477人です。
 単純に比較はできませんが、感染が広がっている新型コロナウイルスの数値とそれほど変わりなく、火災事故は毎日気を付けなければならない身近で大きな問題です。

 火災事故はいつどこで起きるか分かりません。
 昨年の火災事故の原因の第1位は「たばこ」でした。
 子どもたちには、次のことについてお家の人と話し合うよう指導しました。
 
 @火事が起きないように、どんなことに気を付けたらいいか?
 A火事が起きたら、どうやって逃げたらいいか?
 
 明日から臨時休校となりますが、火の元には十分注意して過ごしてほしいと思います。

 

2020年4月23日(木)
複式学級 =学習リーダーを中心とした学び合い=

  
  2年生と3年生は複式学級です。
 写真は国語の授業の様子です。
 2年生(右側)は2年生の国語の勉強、3年生(左側)は3年生の国語の勉強をしています。
 
 学級担任一人、介助員一人で指導します。
 担任は、2つの学年を交互に指導します。
 介助員は個別支援を行います。
 担任がいない間は、学習リーダー(子ども)が中心となって授業を進めます。

 子どもたちは、学習リーダーを中心に進める授業に慣れてきた様子です。
 自分たちの学びに責任をもつことで、主体的な学習態度が育ってきます。
 学習リーダーを中心とした学び合いの授業は、2・3年生の複式学級だけでなく、すべての学年で取り組んでいきます。


 


2020年4月21日(火)
トキの話を聞く会

  
   「トキの話を聞く会」を行いました。
 環境省自然保護官の松本様のお話を聞きました。
 たくさんのマスコミ各社の取材がありました。

 トキの生態や野生復帰の取組や現状、人とトキの共生の取組について、写真や動画資料を使って分かりやすく説明してくださいました。
 低学年児童も集中して話を聞き、6年生からはたくさんの質問が出ました。

 行谷小学校のトキ学習が本格的にスタートしました。
 トキの未来は、子どもたちの未来です。
 トキを学ぶことは、佐渡の未来を考えることです。
 「日本一のトキの学校」として、新型コロナウイルスに負けずに、佐渡の未来を拓く学習を進めます。

2020年4月15日(水)
鬼太鼓がやってきた!

  
   青木の鬼太鼓が学校にやってきました。

 新型コロナウイルス対応のため、今年は子どもの鬼太鼓はありません。
 また、接近・接触を避ける配慮をしていただき、グラウンドでの披露となりました。
 
 青木地区有志の皆様ありがとうございました。
 この勢いで、新型コロナウイルスも吹き飛ばしてほしいです。

2020年4月14日(火)
4月の全校朝会(3) 「行谷小学校のあいうえお」

  
 全校朝会で、校長が行谷小学校のめあてを発表しました。
 日本一のトキの学校として、子どもたちに頑張ってほしいことを「あいうえお」でまとめました。
  あ たりまえのことを
  い っしょうけんめい
  う れしそうに
  え がおで
  お もいやりの心で
 特別なことをするのではなく、公立学校としての「当たり前のこと」、行谷小学校の伝統としてこれまでずっと大切にしてきた「当たり前のこと」を徹底することで、仲間とともに主体的に学び続ける力を育てたいと思います。
 (詳しくはトップページ「学校運営」を参照してください。)

2020年4月14日(火)
4月の全校朝会(2) 〜ようこそ行谷小学校へ〜

  
 
 全校朝会で、6年生の代表児童が歓迎の言葉として1年生に紹介した「行谷小学校の1年」です。
 本来なら入学式で発表する予定でした。
 春休み中に家で作成してくれたそうです。
 1年間の学校行事の様子が分かりやすくまとめられています。

2020年4月14日(火)
4月の全校朝会(1) 

  
 4月の全校朝会がありました。
   最初に、3名の1年生が自己紹介を行い、6年生の代表児童が「行谷小学校へようこそ!」と歓迎の挨拶をしました。
 次に2年生以上の各学年の代表が1学期のめあてを発表しました。
  「体育の50mをがんばります」
  「毛筆の勉強をがんばります」
  「テストで100点を取りたいです」
  「トキ学習をがんばります」
  「英語の勉強をがんばります」
 いつものように全員が原稿を見ないで、堂々とした態度で発表しました。

2020年4月13日(月)
消毒作業「子どもの帰った学校で・・・」

 
 放課後、子どもたちが下校した後、教職員による消毒(除染)作業を行っています。
 先が見えない取組ですが、私たち教職員も危機管理意識を高くもち、子どもたちの健康を守っていきたいと思います。

 

2020年4月13日(月)
臨時全校朝会「飛沫感染を防ぐには…?」

  
 臨時全校朝会がありました。
 新年度がスタートして1週間が過ぎましたが、新型コロナウイルスに対する意識がやや薄くなっているように感じます。
 そこで、教頭が飛沫感染を防ぐ方法を中心に、全体指導を行いました。
 マスクをしている時としていない時の飛散距離の違いや3密を防ぐための方法について再確認しました。

 さて、学校では子どもたちが見えないところでも、新型コロナウイルス感染症対策の取組を実施しています。
 放課後、子どもたちが下校した後、教職員による消毒(除染)作業を行います。
 各教室の机や椅子はもとより、教室の戸、階段の手すり、手洗い場の蛇口、特別教室の机など、定期的に消毒作業を実施しています。


 

2020年4月10日(金)
交通安全教室を行いました

  
 交通安全教室を行いました。
 潟上駐在所の斉藤様をはじめ、佐渡警察署の2名の方からご指導をいただきました。

 1・2年生は実際の道路に出て、横断の仕方など安全な歩き方について学びました。
 3〜6年生は、グラウンド状況が悪かったので、体育館で安全な自転車の乗り方について学びました。
 
 @止まるA見るB待つ、というが横断のルールです。
 自転車点検は、「ぶたはしゃべる」が合い言葉です。
 歩行者用信号の押しボタンは、自動車の切れ目を見てから…など、具体的にご指導していただきました。
(詳しい内容はお子さんに聞いてください。)

 自分の命は自分で守ることを基本にして、交通事故にあわないよう気を付けてほしいと思います。


2020年4月8日(水)
ピカピカの1年生

  
 4月6日(月)行谷小学校に3名の新しい仲間が増えました。
 今回は新型コロナウイルス対応のため規模を縮小し、保護者と学校職員のみの参加となりましたが、予定通り入学式を行い、3名の子どもたちの新しい門出をお祝いすることができたことをうれしく思います。

   翌日7日から授業が始まりました。
 写真(中央)は、「おはなしたいむ」の様子です。
 質問したり答えたりして、互いのことを分かろうとする姿勢が立派でした。
 
 下校時に声をかけると、みんな笑顔で「今日も一日楽しかったです。」という声が返ってきました。
 全校で一番人数は少ないのですが、とてもステキなクラスになりそうです。

2020年4月8日(水)
給食が始まりました <新型コロナウイルス対応策>

  
 昨日7日から給食が始まりました。
 新型コロナウイルスに対応し、手洗いはもとより、給食の食べ方も工夫しています。

 1〜4年生は「ランチルーム」で食べます。
 配膳中は、待っている児童にもマスクを着用させ、口を閉じることを徹底しています。
 5年生は2階の「プレールーム」、6年生は「学習室」で食べます。
 隣同士の間隔を取り、互いに向き合わないよう座席を工夫しています。

 楽しい会食ができず残念ですが、以上のような取組をしばらくの間続ける予定です。

2020年4月7日(火)
第1回 地域子ども会

  
 第1回目の地域子ども会がありました。
 新しい登校班と地域の危険箇所の確認をしました。

 通常は各教室に分かれて行いますが、今回は全員が体育館に集合しました。
 3密(密閉・密集・密接)を避ける新型コロナウイルスへの対応策です。

 通常の教育活動の内容を損なうことがないよう、可能な限りの対応策を実行していきたいと思います。

2020年4月6日(月)
令和2年度の教育活動がスタートしました

  
 令和2年度の教育活動がスタートしました。
 
 新任式では、3名の新任職員へ、6年代表児童が「行谷小学校は日本一のトキの学校です!」と、力強い挨拶をしました。
 始業式では、校長が志村けんさんの業績を紹介し、「新型コロナウイルスに負けずに、みんな笑顔で、行谷小学校を日本一楽しく元気な学校にしよう!」とエールを送りました。
 始業式の後は、教務主任と生活指導主任から、新型コロナウイルスに関する全体指導がありました。

 しばらくの間、新型コロナウイルスに対応し、学校職員はマスクを着用して授業を行います。
 様々な面で不都合なことが多くなると思いますが、教職員一同、危機管理意識を持ち続け、子どもたちの健康管理に十分留意して教育活動を進めます。
 地域、保護者の皆様の変わらぬご支援とご協力をよろしくお願いします。